探偵として働いている人が尾行調査に失敗しターゲットにバレてしまうなんてことがあるのか、なんですが、ぶっちゃけ、あるんです。
今から書くことは自分が実際に経験したことです。
探偵として業務をしていた時期があって、その際のある調査のために尾行をしました。3人の調査員で離れ離れでターゲットを尾行していたのですが、尾行の最中、調査スタッフの一人がターゲットに接近しすぎてしまって明らかになってしまったんです。
だけれども3人の調査員のうち一人が抜けるだけですから尾行をやめなくても済みます。
とはいえ、追っている相手が用心深くなりますので厳しいものにはなります。
妻あるいは夫が浮気をしてるか知る方法は色々あるのですが、クレジットカードの明細書でも浮気の可能性を確認をすることが可能です。
クレジットカードの明細書を確認すれば、一体どんな物を買ったのかが見抜くことができます。
妻、夫が使わない商品の購入履歴がありあなたにプレゼントされてない物であれば、自分ではない誰かへのプレゼントの場合があります。
そうはいっても、単にまだ受け取っていないあなたへのギフトかもしれません。ですから、結論を急いではいけません。きちんとした物証を得て事実を確認したい場合は、探偵さんにお願いするといいです。
あちこちに存在する探偵社の中に、お試しといったサービスを開催しているところもあります。
お試しのメリットは、着手手数料がタダである、またはすごく格安料金で調査を行ってくれるというところです。
ぶっちゃけこの「お試し調査」の利用だけでは調査が完了することはとても難しいですが、お試しを利用し、その探偵社の仕事への態度を自身が知っておくことで実際の調査を申し込むか決めることができます。
サイトで調査することを任せる興信所を選択する際にとりあえずチェックすることは探偵業届出証明書の有る無しです。
2007年以降探偵をする人に対して、法にあった業務をするように義務化しているのです。
探偵業届出証明書の確認が取れない場合、探偵として調査を実施したりできないのです。
探偵業届け出番号が記載されているか忘れずに確認します。
2番目に探偵社の場所についてもどんなところにあるのか、できたら一回下見に行って建物それに看板を調査しておくのがよいでしょう。
探偵事務所などが行う浮気調査なんですが、調査対象がその対象者が言い逃れができない証拠を得るということはものすごく至難の業です。
男女関係があるということの立証ができてそこではじめて調査の対象人物が浮気してる、という風に断言できます。
そういうわけで、その調査対象を調査する中で探偵が見ていて100%親密だと感じたとしても、ビジネスホテルへ入る場面、出てきた状況のみでは確固たる証拠とはなりません。男女関係だと決定づけるためにはラブホテルに入っていく状況、出てきたところでないと意味がありません。ラブホテルへ入るシーン、出てくる場面、そのようなところを手に入れてこそ、言い訳のできない浮気の証拠を掴むことができた、となるのです。
探偵に調査を委託してその調査結果としてもらう物証というのはその多くは調査対象者のプライバシーに関係するものです。
いわゆる写真なのです。
写真に収めるのは写真が完璧な証拠として開示できるからです。
当然写真だけじゃなく音声したものが証拠品となりますが、音声データだと、一体どうやって得たか、この点が重要になってきます。
浮気相手の部屋の中だと住居侵入罪になって、もしも探偵が依頼者にカメラ、盗聴器などをつけてもらったりすると、依頼人自身が探偵と共謀して秘密を洩らしたという犯罪になるんです。
どっちの場合でも後々調査対象が告訴することがあります。
言い換えるとその人の敷地内じゃなかったら物証になる写真はどんな瞬間でも良いという事なのです。
当然、ラブホテルに入るところであっても証拠となるのです。
調査する相手の生活圏でプライバシーに入り込まないのが調査をするにあたってとても大切な事なんです。
探偵は盗聴器を探し当てるプロですだけど、実際にその実力については人によって違います。
高額なお金を出したのに求める結末を出してもらえなかった、といったことになったりしないよう、どの会社に依頼するかがとても大切です。
探偵に委託する場合はそれまでの成果を把握しておきましょう。ネット上で過去の過去に行ってきた成果を書いているところがあります。
ホームページには紹介していないなら、電話をかけて確認し、結果などを教えてもらえばそのスキルをチェックできます。
探偵事務所・探偵社が行っている調査については、内容によってはGPSを使って調査するケースもあります。
とはいっても、GPSを用いる場合はGPSを使う場所や相手そして利用の仕方によって、法を犯すケースなんかもあるそうです。
いくら調査が目的とはいっても、ターゲットにもプライバシーがあって、それは尊重されます。
ですから、あまりに過剰な調査をしてしまうとプライバシーの侵害になってしまうのです。
その場合は反対に探偵の側の立場が悪くなる場合もあります。
それを避けるため、調査のやり方は充分に注意して決定したほうがいいです。
探偵事務所の仕事というのは、スパイみたいで楽しいです。
だけど、シンプルにスパイごっこが出来るからといった感覚で、探偵の仕事をするのは考えものです。
話しの中のスパイはあらゆる手を駆使して調査するものですが、そのほとんどは法に触れます。
何の知識もなく調査をすると、探偵会社に迷惑をかけます。
法律を破らずに依頼を達成できるか?という部分が大事になるんです。
探偵として働きたいと考えているんだったら、差し当たって法律について十分に学びましょう。
探偵さんに怪しい盗聴器を探し出すのを託す場合に払う料金の中には、何が含まれるのでしょう?詳細内容はざっくり4つに分けることができます。
まずは機材料金で、機材料金というのは、盗聴器調査に利用する機材等にかかる料金で、機材の調達に減価償却それに運用費とかの料金が込みの金額です。
そして人件費ですが、人件費というのは、調査に従事した人に関連するお金を指します。
3つ目に広告費なのですが、広告費というのが、色々な手段で顧客を得るため使われている費用を指します。
4つ目が出張費です。
出張費は、依頼のあった場所へ出掛けるための交通費となるんですが、2日を超える調査の時は宿泊費なども必要になります。
盗聴器を見つけるのを依頼するときに要求される料金の詳細には以上のような費用が含まれています。
追跡が調査対象にばれてしまった際、尾行中の調査員はどうなるのでしょう?対象者が男性の場合は見たことも無い相手が自分の後をついてくると気づいたなら、対象者によっては激昂してボコられるなんてこともないとは言えません。ただ、追跡調査の目的が浮気の証拠を得ることでありこちらの調査目的が調査の対象者に100%に知られた場合はすごい勢いで殴られるなどのことはあまりないです。
不貞行為をしている上に探偵に暴行をした時には傷害罪決定だからです。
でも、依頼内容次第では命を狙われることもないわけではないので100%安全ではありません。自分の場合、浮気調査や家出人の調査が多かったので命が危ないと感じる事はなかったです。
探偵事務所では男の人じゃなく女の人を代表者にして、代表に定めた女性の名前が入った屋号を設定することが多々あります。
なぜかというと顧客側の立場になったとき、事務所の名前に女の人の名前が混ざっているほうが気を許しやすいと言えるためなのです。
浮気調査もあり、事務所を訪れるのはやや男性よりも女の人が多い状況で探偵事務所は女の人が門をたたきやういようにそのような手法をとっているところが割とあるのです。
盗聴器があったとき、「盗聴器だ」といった風に、盗聴器が特定できたことがバレるような発言は口にするのはタブーです。
その訳は、盗聴器を隠した相手は、いつ、どこで盗聴器から聞こえてくる話を盗聴しているかこちらでは予測できないからなんです。
盗聴器が見つかったことが仕掛けた人物に明らかになると、他の盗聴器を置かれてしまう場合があります。
探偵に委託すると思ってもみない場所から盗聴器が現れて目が点になるかもしれません。だけれども、なるべく自然に振舞い「盗聴器を見つけた」などと、喋らないように気をつけましょう。
浮気してるか調査を探偵社に任せる際は、やはり浮気の事実がない、といった調査報告だといいのですが、実際、浮気をしてたら自分自身がどうしたいか、ということも見据えて調査を依頼するほうがいいです。
わずかでも別れることもあるとしたら、浮気の証拠を獲得し裁判で不利にならないようにしなければいけません。つまり離婚する可能性があるのであれば、裁判で自分に有利になる浮気の物証を探偵に入手してもらうことが重要となるのです。
探偵員に調査を委託する前に、浮気調査に関しての報告書のサンプルを提示してもらいましょう。それらの証拠が実際問題として裁判中に有利に働くかなどについても確かめておくと今後の役に立つと思います。
パートナーがなんとなく浮気をしてるんじゃないかという思いがあり、そしてどうも思い違いではなさそうで、離婚したいと望んでるのなら、初めに弁護士事務所を訪問するというやり方もあります。
正直なところ法律事務所が探偵者と結びついているなんてことはそこそこあります。
弁護士事務所が提携している探偵業者だと、初めから離婚することを視野に入れてる依頼者だという事を知っています。
なので、離婚に使える証拠に絞り込み入手してもらえるのです。
後々、別れる際に不貞行為の証拠を裁判所に出すことを考えたら助かるからです。
弁護士事務所を訪れるという方法もありますから心に留めておいてください。
探偵に調査を依頼する方の中には自分自身の事は秘密にしておきたい人もおられるでしょう。実際、名前を言わずに探偵に調査を頼むことはできるんです。
探偵は依頼者のことはなんにも分かりませんから、直々に探偵と依頼人が対面し詳しい話を教えてもらい依頼人の希望する通り匿名で調査をします。
報酬も探偵と依頼人が直に会い依頼を受けた調査の結果を教えることで得ることができます。
こういった仕事の場合だととりあえず依頼者がどんな人であれ調査内容を熟考し受けるべきか決定するんです。
匿名の場合では中身次第で依頼をお断りするといったこともあり得ます。
結婚信用調査とは結婚予定の相手の身元を結婚する前に明らかにしてもらう調査ですが、身の上を探るのみであれば調査される人としてはいい気はしないですが法律には触れません。だけど調査の方法次第で法律に触れます。
調査の一環として調査対象の敷地に侵入しカメラを設置したりすると住居侵入罪となって当然、違法行為となります。
くわえて、ケースによっては差別行為となることもあるので、調査対象に非が無いのなら事務所次第で調査を行わない場合がある調査です。
浮気調査を探偵さんに依頼した場合、費用はいくらかかるんでしょうか。探偵に支払うお金は固定ではないんです。
調査にかかった人員、日数で変わるのです。
人員をいっぱい使ったとき、さらに日にちを要した、といった場合には、その分たくさんの額が必要になる、ということです。
したがって、調査をお願いするなら何日くらいかかりそうか?また、何人の人員を要するのか?これらに関して入念に確かめて、それで調査をスタートさせていかないといけないのです。
浮気の調査については案外長距離での移動を余儀なくされるときもあったります。
個人で調査する場合だと勤めていたり、子供を置いていけない、それに、家事といったものに時間が必要で長距離での移動を強いられる浮気の調査は不可能に近いです。
けど、探偵にお願いしたら長距離の移動も大丈夫です。
探偵に依頼をすれば家事・仕事など、普段と同じように過ごし不貞行為のウラを得てくれるのを待ち構えていればいいだけです。
もちろん、料金は必要ですが時間的に追い詰められることもありません。
もし探偵に調査依頼をする時に気を配るポイントは金銭面です。
成功報酬においては依頼内容ができた場合に払うようになるので、未達成の場合は入金しなくても良い仕組なのです。
探偵側からすれば未達成なら無収入になるのでなんとか成功報酬をものにするため、偽の証拠を提示してくることもあるのです。
このようなことが起こりうるのがこの成功報酬のデメリットです。
この方式では浮気調査の依頼をした場合、浮気の疑いが無いということが認められた場合も成功報酬として報酬を支払うという探偵事務所もあります。